Do you know how to save the world?

「ネオ・バイブル」は、鈴木さんが、この世界に生きる根源的な苦しみを抱えて生きる人々、つまり全人類にあてた、ある意味では悲しい、切実なラブレターなのだと思いました。「ネオ・バイブル」に書かれているのは、とてつもない事実ですが、内容とは別に、その愛に涙が出ました。また、愛というものとは矛盾するのかも知れませんが、すっと背筋が冷えるような恐ろしさも感じました。もしかしたら著作の中で描かれていたあの奥多摩の異次元が、今、この日常の中に唐突にあらわれたために、そのように感じたのかもしれません。(20代男性/高齢者介護職)

『ネオ・バイブル』は、世界を平和で自然な姿に正すために、神々(日本の八百万の神々+創造主たる神)が一人の作家の脳をプロセッサーとして利用し、完成させた一冊の巨大な電子書籍(キリスト教の聖典を世代交代させるための新世紀における神々の教え)です。一般販売書籍を除き、すべて、フリーコンテンツとなっておりますので、ご自由にお楽しみ下さい。(著者プロフィールは、各個別サイトを参照して下さい)

― 『ネオ・バイブル』目次 ―

Chapter1:『THE ANSWER』(新世界の設計図・パート1)
こちらをクリック 

Chapter2:『ハートメイカー』(新世界の設計図・パート2)
こちらをクリック 

Chapter3:『ハートメイカー財団』(神が考案した経済理論)
こちらをクリック 

Chapter4:『火の鳥 0528』(神が描いた入門漫画)
こちらをクリック 

Chapter5:『我々はどこから来て、どこへ行くのかの答え』(神が人間に与えた究極の真理)
こちらをクリック 

Chapter6 : 『MMT/現代貨幣理論入門』(新世界の設計図・パート3)
こちらをクリック 

あとがきに代えて : 『最後の救済』(家族に宛てたプライベート・メッセージ)
こちらをクリック 

『ネオ・バイブル』は学術でも宗教でも文学でもエンタテイメントでもありません。これは後に判明したことですが、『ネオ・バイブル』はお父さん(神)が設計したデジタル・ウィルス・プログラムです。端末を媒介して眼球から脳に侵入し、人間脳のOSを完全に書き換える。この本に記述されていることに「意味」はありません。単なるデータ(記号情報)の集積です。「何だかよく分からないし、コロナも大変だけど、やっぱり今のままの世界がいいな」という方は決して読まないで下さい。決して拡散しないで下さい。『ネオ・バイブル』がパンデミックすれば世界全体が救済される(アセンションされる)ことは100%保証するけれども、人類が引き換えに支払う代償も大きい。アインシュタインが核エネルギーの恐ろしさを熟知していたように、スティーブ・ジョブズが自分の子どもにはスマートフォンを使わせなかったように、私もクリエイトした者の責任として、ここに「警告」を遺しておきます。(2021/06/06)

アセンションとは全然関係ないのですが、純粋な「作家」としての私の代表作。世俗(風俗)で生きる人間に偏見を持つことなく、一人でも多くの方に読んで頂きたいピュアなラブストーリー。こんな御時世だからこそ、100%の純粋な「愛」に涙したいという方はぜひ。

涙の天使にさよならを

"NEO BIBLE" by Suzuki Gosuke / Supported by Hamayasu Taisuke / Published by Ide Kunitoshi , Tokyo 2020.